徹底した衛生管理で、誰もが安心・安全

  • HOME
  • 徹底した衛生管理で、誰もが安心・安全

医療機関としての義務と責任。
こだわり抜いた衛生管理

歯科医院で患者さんは、必ずマスクを外すことになります。名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」ではみなさまに安心・安全な治療をご提供するため、院内感染対策を徹底しています。厳格なヨーロッパ規格をクリアした「クラスB滅菌器」や除菌装置「ポセイドン」など最新の衛生管理設備を整えるとともに、すべてのスタッフが高い衛生意識を持って業務にあたっております。  

こちらでは、そんな当院の衛生管理について、詳しくご紹介いたします。

NFECTION

徹底した衛生管理で、安心・安全を実現

徹底した衛生管理で、安心・安全を実現

患者さんからほかの患者さんへと病気やウイルスが感染する「院内感染」は、患者さんにとって積極的な通院のネックとなりえます。歯を治療するために通院しているのに、ほかの病気をうつされてしまっては本末転倒です。この不安が、通院から足を遠のかせている原因にもなりうるでしょう。  

オリーブ歯科クリニックでは、院内や設備、器具類の滅菌・消毒を徹底し万全な院内感染対策行っておりますので、ぜひ安心してご来院ください。「安心して通える歯医者」であることが患者さんの歯の健康維持に直結するものと認識し、誰もが安心・安全な治療環境を整備しております。

「水」の安全性にトコトンこだわる

患者さんにおいては“うがい”をメインに、歯科医院では多くの水を必要とします。しかし、水そのものが汚染されていては、安心な歯科治療はご提供できません。当院では清潔で安全な水をご提供するため、除菌装置「ポセイドン」を導入しております。

水の一滴さえ清潔に「除菌装置ポセイドン」

水の一滴さえ清潔に「除菌装置ポセイドン」

診療時間外になると、治療に使う水は、診療ユニット内で長く滞留している状態となります。また、水道水に含まれる残留塩素濃度は時間とともに減少するため、細菌の温床になってしまうことも。

微生物などの細菌を発生させないためには、水中の残留塩素濃度を適正に保つことが大切です。そこで当院が導入したのが、除菌装置「ポセイドン」です。「ポセイドン」には水の流れを感知するセンサーが搭載されており、電解槽へ通電することで水中の塩素イオンを塩素へ変化させます。すると水中の残留塩素濃度が補正され、水を清潔でクリアな状態に保つことができます。

一滴の水にさえ、こだわりたいから

日本の水道水には厳しい水質管理目標が設定されているものの、長時間滞留すると細菌が繁殖する原因となってしまいます。事実、治療で使用する水から、目標値を超えた細菌が検出された歯科医院も少なくないそうです。当院では「ポセイドン」を設置するとともに、定期的な水質検査により、水の安全性を保っています。

  • 【こだわり①】
    除菌装置「ポセイドン」で、給水管内の水を徹底除菌

  • 【こだわり②】
    定期的な水質検査で、水の安全性を保持

  • 【こだわり③】
    水道法の基準項目・基準値を指標に、高い水準で水質を保つ

当たり前のことを当たり前に。治療器具の滅菌

治療器具の衛生管理は各医療機関に任されており、クリニックごとに管理体制は大きく異なります。当院では世界中でもとりわけ厳しい「ヨーロッパ基準」を満たした滅菌器を導入し、治療器具由来の感染予防を徹底しております。

当院の滅菌システムは、世界基準。「オートクレーブ」

当院の滅菌システムは、世界基準。「オートクレーブ」

治療器具を清潔に保つため、ヨーロッパ規格の滅菌器「オートクレーブ」を導入しております。当院が採用したオートクレーブは、ヨーロッパ規格の中でもとくに多くの細菌を滅菌できるとされている「クラスB滅菌器」です。固形・中空物・多孔体・一重包装・二重包装と、あらゆる細菌を滅菌可能なクラスB滅菌システムにより、いつでも清潔で安全な状態を保っています。

当院の衛生管理の特徴
  • 当院在籍の滅菌技師が、治療器具を厳しく管理

    「滅菌技師」とは日本医療学会の認定資格であり、滅菌に関する正しい知識や実践を身に着けたことを証明する名称です。当院には滅菌技師の資格を取得した歯科衛生士が在籍しており、患者さんにとって安心・安全な治療環境をご提供しております。

  • ディスポーザブル品の使用

    コップやエプロン、グローブなどはすべてディスポーザブル品(使い捨て品)を使用し、患者さんごとに新品をご用意しております。このように滅菌に適さないものは「使い捨て」を徹底し、治療時の感染を徹底的に予防します。

  • 危機感を常に持った感染対策
    「スタンダードプリコーション」

    スタンダードプリコーション(標準予防策)とは、「すべての人が感染しているという前提で、感染対策・衛生管理を行う」という考え方です。ウイルスや細菌は肉眼では確認できないほど小さなものなので、一見健康に見える人でも、知らないうちに感染している危険性があります。日本ではまだまだ馴染みの薄い基準ですが、「誰もが感染しているかもしれない」と考えのもと行動することで、院内感染対策をより万全にできると考えます。

  • 患者様1回の診療ごとに滅菌消毒

    当院では、切削器具はもとよりタービン・エンジンなどを含め、すべての診療機器を『患者様1回の診療ごとに滅菌消毒』しています。歯科診療では、一般の診療でも治療器具に血液や唾液が多く付着し、これが感染の原因となります。この感染の原因を取り除くため、洗浄・消毒・滅菌という一連の工程を徹底しております。

OVID-19

当院の新型コロナウイルス感染症対策

当院の新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルスが私たちの生活を変えてから数年が経ち、感染症対策はもはや生活の一部となっています。しかし、「慣れてきた頃」にこそ、徹底した予防・対策が重要です。未だ変異を続けるこの未知のウイルスへの向き合い方について、「正しく知って正しく恐れること」だと考えます。むやみに恐怖を抱き、人との接触をおそれるのではなく、正しい予防のもとで生活することが大切です。

当院では、コロナ禍以前までに行ってきた感染症対策に加え、より徹底した「スタンダードプリコーション」にもとづく感染症対策を行っております。

院内設備
  • 空気清浄機

    空気清浄機

    定期的な換気に加え、空気清浄機を常時稼働することで院内の空気を清潔に保ちます。当院では市販の空気清浄機の7~10倍のパワーを誇る「エアロシステム35M」を導入しております。

  • 口腔外バキューム

    口腔外バキューム

    治療時に生じる唾液や血液、歯の削りカスなどは、口腔外バキュームで残さず吸引。空気清浄機では吸い取りきれない、細かな粒子もしっかり取り除きます。こうした粒子は細菌やウイルスの感染源にもなるため、新型コロナウイルスの対策にも効果的です。

スタッフは以下の対策を徹底いたします

  • こまめな手洗い・うがい
  • マスクの着用
  • 検温・体調チェック
患者さんへのお願い

患者さんへのお願い

  • ご来院時にはマスクの着用をお願いいたします。
  • 受付での検温・消毒にご協力ください。
  • 体温が37.5℃以上の方は、診察をお控えいただいております。
  • 体調が優れない場合は、スタッフまでご連絡ください。
  • 付き添いはできるだけ少人数でお願いいたします。

ご予約・お問い合わせは、以下の電話番号にて承っております。