インプラント治療・入れ歯治療

  • HOME
  • インプラント治療・入れ歯治療

食べて、笑って。歯のことで悩まない人生を

名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」のインプラント治療・入れ歯治療についてご案内いたします。  

歯が抜けたままの状態を放置していると、「歯並びが乱れる」「咀嚼がしにくくなる」「発音が不明瞭になる」「残った歯の寿命が短くなる」などさまざまなデメリットが生じます。当院では患者さんの歯の状態を確認するとともに、ご要望をしっかりとうかがった上で、一人ひとりに最適な治療法をご提案しています。

  「治療期間が短いインプラント治療」や「自然な見た目の入れ歯」など幅広い治療法を取り揃えておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

MPLANT

失った歯の審美性・機能性を回復する
「インプラント治療」

失った歯の審美性・機能性を回復する「インプラント治療」

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎骨に人工歯根を埋め込み、その上からセラミックの人工歯を装着する治療法です。重度のむし歯や歯周病、転倒や事故などなんらかの理由で歯を失ってしまった方は、オリーブ歯科クリニックまでご相談ください。精密かつ安全なインプラント治療で、歯の審美性と機能性を回復いたします。

Pick upこれからもずっと続く患者さんの
インプラント治療

  • これからもずっと続く患者さんの人生を見据えたインプラント治療
  • これからもずっと続く患者さんの人生を見据えたインプラント治療

インプラント治療は、高度な技術を要する外科手術を伴います。患者さんにおかれては、歯を失ってしまった喪失感とともに、治療に対するさまざまな不安もおありかもしれません。オリーブ歯科クリニックは、まず患者さんにご納得・ご安心いただけるよう、しっかりと・わかりやすくご説明をします。経験や勘に頼ることなく、科学的根拠にもとづいた治療を行うため、CTによる精密検査を実施し治療計画を立案。そして、ほかのインプラントブランドと比べ、10年後の残存率が非常に高く、インプラント歯周炎の発症率は非常に低い「ストローマンインプラント」を採用しております。また、先端医療であるCGF(再生医療)を用いることで、術後の痛みの緩和、創傷治癒促進、組織の再生を促します。

これらのメソッドは、残った歯を守ることにもつながるものです。当院は歯を失った箇所だけ治療するのではなく、この先もずっと続く患者さんの人生を見据えた包括的な治療を行っております。また、インプラント治療においては、費用面でのご不安もあるかと存じます。当院では総額表示をご案内することで、追加料金に対するご不安も取り除くように心がけております。心配なこと・わからないことがありましたら、どの段階であってもご遠慮なくご相談ください。

審美性と機能性で選ぶならインプラント

審美性と機能性で選ぶならインプラント

従来の歯科診療では、「歯を失ったら、入れ歯を使用する」という治療法が一般的でした。しかし入れ歯には、装着時の違和感が大きい・食事に集中できないなどさまざまな問題点があります。一方インプラントなら、本物の歯と遜色ないほど自然な見た目と噛み心地を実現可能です。美しい見た目の歯、しっかり噛める歯を手に入れたい方は、ぜひインプラント治療をご検討ください。

インプラント治療のステップ

オリーブ歯科クリニックのインプラント治療の流れをご案内します。当院の目指すところは、歯を失った部分にインプラントを施すだけではなく、インプラント治療によって口腔内全体の機能が回復することです。患者さんのお口全体を診察して判断していくため、治療期間はそれぞれに異なります。ご不明点は、どの段階でもお気軽にご相談ください。

STEP1初診・カウンセリング

歯を失った原因やお口の状況などをすみずみまで診査。お身体の健康状態もおうかがいしながら、インプラント治療の概要をご説明していきます。気になること・心配なことがありましたら、ぜひご遠慮なくお話しください。

STEP2事前検査

口腔内の状態を把握するため、歯科用CT、レントゲンなどを用いた綿密な検査を行います。検査の結果に基づき、患者さんのお口の状態や体調がインプラント治療に適しているかどうかを判断していきます。なお、当院のCT撮影は無料で行っておりますのでご安心ください。

STEP3検査結果

事前検査の結果をお伝えし、お口の中の状態を共有します。当院ではインフォームドコンセントを重視しておりますので、患者さんにきちんとご納得いただくためにも難解な専門用語は使わず、わかりやすい解説をいたします。その上で、内容や治療期間、ご予算などご希望に沿った治療計画を作成していきます。

STEP4治療計画のご説明

検査結果を元に治療計画を作成、患者さんにご確認いただきます。当院では、患者さんのご希望や意思を無視した治療は行いません。「こうなりたい」「こうできる?」などなんでもご相談ください!患者さんと一緒に作成した治療計画で、ともにゴールを目指します。

STEP5事前治療

事前検査でむし歯や歯周病が見つかった場合、先にこれらの治療を行います。また、インプラントを埋め込むために必要な骨の厚みが足りない方には骨再生療法(CGF)を実施。インプラント治療のための下準備を行っていきます。

STEP6インプラント手術

治療計画に沿って、インプラント手術を行います。当院では安全にインプラント手術を行えるオペ室を完備しております。

STEP7治癒期間

埋め込んだインプラントが顎の骨と結着するのを待ちます。安定期間には個人差がありますが、通常3〜6ヵ月程度をみていただきます。条件が整えば、安定期間に仮歯を入れることも可能です。採用するインプラントによっては、最短6週間で安定期間を終えることもあります。

STEP8二次手術

インプラントが安定したことを確認できたら、歯茎を切開し、インプラントの上部に人工歯の土台部分(アバットメント)を取り付けます。

STEP9人工歯冠の取り付け

歯茎が治癒するのを待ったのち、仮歯をもとにした人工歯を装着します。仮歯の段階であらゆるチェックを行い、理想の形状を探った上で人工歯を作製するため、極めて精度の高い人工歯を実現できます。これで、インプラント治療は終了です。

STEP10メンテナンス

インプラントを永く快適に使い続けるためには、治療後インプラントに不具合はないか・お口の状態は良好かなどを定期的にチェックすることが重要です。当院では、定期検診に通っていただける患者さんに限り最大5年間の保証期間を設けております。万一インプラントに不具合やトラブルが生じた場合、3年以内なら全額保証、5年以内なら材料費以外をすべて保証。お気づきの点がありましたら、お早めにご相談ください。

オリーブ歯科クリニックの高精度なインプラント治療
  • 歯科用CTを導入

    歯科用CTを導入

    インプラント治療は外科処置を伴うこともあり、一般治療と比べて非常に精密な検査・処置が求められます。そこで当院では、歯科用CTを導入いたしました。顎骨の状態や神経の位置をより正確に把握することで、精密なインプラント治療をご提供いたします。

  • オペ室を完備

    オペ室を完備

    インプラント治療は「外科手術」を伴うため、衛生管理・感染予防を徹底する必要があります。当院では安心・安全なインプラント治療をご提供するため、オペ室を完備。さらに器具の洗浄・滅菌にも十二分に配慮し、清潔で安全な治療環境をご提供しております。

  • 世界中で採用される「ストローマンインプラントシステム」

    世界中で採用される「ストローマンインプラントシステム」

    インプラント治療では患者さんの体内へ人工歯根を埋め込むため、その品質にもこだわらなければなりません。当院では、世界70ヵ国以上※で使用されている「ストローマンインプラントシステム」を採用。高品質かつ負担の少ないインプラントシステムで、安心・安全な治療を実現しています。※2020年時点

Pickup世界で選ばれるメーカー
「ストローマンインプラント」の実力

※表は左右にスクロールして確認することができます。

Late Loss after 8.9 y (2,367 Implants, 596 Subjects) Late Loss (% of Implants) Odds Ratio 95% Confidence Interval P Value
Implant brand        
A 0.5 1    
B 2.4 6.13 0.47-80.51 0.139
C 2.5 5.23 0.28-99.38 0.244
D 3.8 58.15 2.35-1435.92 0.012

ここで、インプラントを施術してから約10年後、インプラントが残っている割合をメーカーごとに調査したスウェーデンの科学論文の一部をご紹介します。

上記の表において、ストローマンインプラントを示すのは「A」です。一般的なインプラントメーカーでは、10年後に失われてしまった割合が2.4%〜3.8%なのに対し、ストローマンのインプラントはわずか0.5%という結果となっています。

多くのインプラントメーカーがある中、国内はもちろん、海外へ移住することになっても「ストローマンインプラント」を知らない歯科医師はいません。この先長きにわたって人生をともにすることになるインプラント。当院でもぜひ、世界中で選ばれているストローマンをおすすめします。

患者さんの状態に合わせた、幅広いインプラント治療
  • 抜歯即時インプラント

    抜歯即時インプラント

    抜歯と同時にインプラントと埋入する治療法です。顎骨やお口の状態によっては適用できない場合もありますが、通常よりも短期間で治療完了できます。

  • ALL ON 6

    ALL ON 6

    片顎につき6本(通常)のインプラントを埋入し、それらを用いて入れ歯を保持する治療法です。インプラントを埋入する本数が少なく済むため、体の負担や治療費を低く抑えられます。

  • インプラントオーバーデンチャー

    インプラントオーバーデンチャー

    片顎につき2~4本のインプラントを埋入し、それらを用いて入れ歯を保持する治療法です。通常の入れ歯と比べしっかり固定され、食事中にズレたり外れたりする心配もありません。また、インプラントを埋入する本数も少なく、体への負担も軽減できます。入れ歯自体は簡単に取り外せるため、お手入れ方法も簡単です。

  • ショートインプラント

    ショートインプラント

    8mm以下の小さなインプラントを使用する治療法です。顎骨の厚みや、高さが足りないときにも適用できる場合があります。

  • フラップレス手術

    フラップレス手術

    通常のインプラント治療とは異なり、歯茎を切開することなく、小さな穴をあけてインプラントを埋入します。骨の歯肉によっては適用できない場合もありますが、体への負担が少なく、手術時間が治療期間も短く済むのがメリットです。

顎の骨が少ないケースに対応する治療メニュー
  • GBR

    GBR

    顎骨が不足している部分を「メンブレン」という膜で覆い、人工骨を注入して骨の再生を促します。当院の再生療法の中で、もっとも腫れやすいとされています。

  • ソケットリフト

    ソケットリフト

    上顎の厚みが5mm以上ある場合は、抜歯後の穴や、インプラントを埋入する穴から骨補充材を注入します。傷口が小さく済むため腫れや痛みが少なく、短時間で処置できます。

  • サイナスリフト

    サイナスリフト

    上顎の骨の厚みが5mmより少ない場合は、歯茎の横から穴をあけ、上顎の「上顎洞」という空洞から骨補填材などを注入します。骨の厚みが大幅に足りないときにも用いられます。

  • AGF・CGF

    AGF・CGF

    細胞を増殖させ、治癒を促す働きがある「血小板」を活用した方法です。患者さんから採血した血液から血小板を分離し、それを治療部位に注入することで骨の再生を促します。

Pickup定期メンテナンスで最大5年保証

インプラント治療は天然歯のような見た目と機能を回復できるものの、治療後のお手入れを怠ると「インプラント周囲炎」のリスクが高まります。インプラント周囲炎は「インプラントの歯周病」と呼ばれるもので、通常の歯周病と同様、悪化するとインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

オリーブ歯科クリニックではインプラント治療後に定期メンテナンスに通っていただける患者さんに限り、最大5年間の保証期間を設けております。インプラントに不具合やトラブルが生じた場合、3年以内なら全額保証、5年以内なら材料費以外をすべて保証いたします。インプラント治療後に痛みや違和感をおぼえたら、できるだけお早めにご連絡ください。

ENTURE

手軽に歯の機能を補う「入れ歯治療」

手軽に歯の機能を補う「入れ歯治療」

入れ歯はインプラントのような外科手術の必要なく、手軽に歯の機能を補える治療法です。保険適用の入れ歯であれば費用を安く抑えることもできますが、素材によっては装着中に違和感をおぼえることも。オリーブ歯科クリニックでは保険診療から自費診療まで幅広い選択肢をご用意し、患者さん一人ひとりに合わせた入れ歯治療をご提供しております。

Pick up充実した人生を、
とともに

  • 充実した人生を、食べる喜びとともに
  • 充実した人生を、食べる喜びとともに

「持病・薬の使用がある」「費用面が心配で……」など、やむを得ないご事情でインプラント治療ができない患者さんもいらっしゃいます。当院では、入れ歯治療になった方にも充実した毎日を過ごしていただけるよう、さまざまな材質や形状の入れ歯をご用意しております。好きなものを違和感なく食べられる幸せは、こころを元気にしてくれるでしょう。また、より味わうためにはしっかりと噛み締めること・じゅうぶんに咀嚼することも重要です。「噛む」ことは脳にも良い影響を与え、消化器官に負荷を与えない食事にもつながります。

いま、歯を失ってしまった方・入れ歯が必要になった方におかれては、「自分の歯で噛めること」がどれだけありがたい機能であったか実感されているかもしれません。当院では、これから入れ歯になる方、使用していた入れ歯が合わずお困りの方にもしっかりと食事を楽しんでいただけるよう、高い品質の入れ歯を作製いたします。

「噛める入れ歯」で、食事を思い切り楽しみましょう!

入れ歯に対しては、「すぐに外れる」「噛み心地が悪い」「違和感がある」といったネガティブなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、医療技術が進歩するとともに、そのようなイメージは過去のものとなりつつあります。

当院では患者さんのお口の状態やご希望に合わせて、最適な入れ歯をご提案しています。これから入れ歯をつくる予定の方はもちろん、現在ご使用中の入れ歯に不満がある方も、ぜひ当院までご相談ください。違和感が少なく、しっかり噛める入れ歯で、食事を思い切り楽しみましょう。

  • 部分入れ歯(保険適応)

    部分入れ歯(保険適応)

    歯の一部分の機能を回復する場合に用いる入れ歯です。健康な歯に金属のバネをひっかけ、歯を失った部分のみを補います。保険が適用されるため治療費は安価で済みますが、装着時や噛み心地に違和感をおぼえることもあります。長期間使うことで少しずつ調整を重ね、患者さんにぴったり合う入れ歯に仕上げていきます。

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    金属のバネ不使用だから周囲の歯茎に馴染み、自然な笑顔が生まれます。硬い金属を使用しないため周囲の歯を傷つける心配もなく、金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。

  • 総入れ歯(保険適応)

    総入れ歯(保険適応)

    歯科用プラスチックを用い、歯全体の機能を補う入れ歯です。保険が適用されるため治療費は安価で済みますが、自費診療の入れ歯と比べて耐久性が低く、装着時の違和感がある、食べ物の温度が伝わりづらいなどのデメリットがあります。

  • 金属床義歯(自費)

    金属床義歯(自費)

    床部分にチタンやコバルトクロムといった金属を使用した入れ歯です。歯科用プラスチックの入れ歯と比べて床部分を薄くでき、食べ物の温度もしっかり感じることができます。また、装着時の違和感もほとんどありません。ただし、保険が適用されないため治療費は高額になりやすく、使用する素材によっては金属アレルギーを発症することもあります。

こだわりたいあなたに「保険入れ歯をおすすめしない」理由

こだわりたいあなたに「保険入れ歯をおすすめしない」理由

保険の入れ歯はバネや金属が見えてしまうため、入れ歯であることがすぐにわかってしまいます。また、総入れ歯の場合約1.5mmの厚みがあるため、熱を感じにくく、食べ物の温度・味わいを十分に感じることができないというデメリットも。さらに保険で使用する材料「レジンプラスチック」は匂いがつきやすいという特徴があるため、しっかりとしたお手入れを怠ると口臭の原因となってしまうでしょう。

ご予約・お問い合わせは、以下の電話番号にて承っております。