3ヶ月に1度は定期検診を受けましょう

3ヶ月に1度は定期検診を受けましょう

「できるだけ痛い治療を受けたくない」「できるだけ歯を削りたくない」と望む患者さんが多いことは、当然といえるでしょう。名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」では、そうした患者さんのご要望にできるかぎりお応えしていきたいと考えています。

痛い治療や削る治療を避けるには、「予防」によってそうした治療が必要ない状態を維持することが一番の近道です。丁寧なセルフケアと3ヶ月に1度の定期検診・メンテナンスによって、「抜かない」「削らない」「痛くない」を実現させましょう

みなさんの「油断」が歯の寿命を縮めます

年齢を重ねると歯が抜けてしまい、総入れ歯になってしまう――。それを「普通のこと」や「仕方ないこと」だと思っていませんか? 日本は世界に誇る長寿国ですが、残念なことに歯科先進国である欧米諸国と比べると、歯の寿命は短いのが実情です。80歳の時点での平均残存歯数は、欧米諸国が20本前後であるのに対して日本の場合は14本しかありません(2011年の厚生労働省歯科疾患実態調査)。

では、歯科先進国と日本では何が違うのでしょうか。それは、日本の予防歯科にする意識の低さです。定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合を国別に見てみると、歯科先進国であるスウェーデンが約90%、アメリカが約80%、イギリスが約70%であるのに対して、日本はたった2%というデータがあります。

1本の虫歯から歯を失って総入れ歯になってしまう一因に、日本の保険適用による「やりなおし治療」があります。治療の精度が低いと同じ場所に虫歯が再発してしまい、周囲の歯に感染が広がり、やがて歯を失ってしまうという連鎖的な悪循環が生まれてしまうのです。

1本の虫歯から総入れ歯へ、負のスパイラル

1本の虫歯から総入れ歯へ、負のスパイラル

1本の虫歯から総入れ歯へ、負のスパイラル

健康な歯を保つために、3ヶ月に1度の定期検診を

健康な歯を保つために、3ヶ月に1度の定期検診を

予防歯科の考え方が日本でも浸透してきてはいるものの、「症状が出てから歯医者に行く」という方がまだまだ多いのが現状です。どんなに完璧な治療を行ったとしても、一度虫歯になった歯がもとに戻ることはありません。ご自身の歯を守るためには、虫歯や歯周病などのトラブルを予防することが大切なのです。

ネバネバした膜で細菌を守るバイオフィルムは、虫歯や歯周病の温床になります。そのバイオフィルムは3~4ヶ月スパンで形成されるため、当院では「3ヶ月に1度の定期検診」をおすすめしています。治療後の良好な状態を保つには、3ヶ月サイクルで歯のチェックをするのがベストです。定期検診を受けていれば早期発見・早期治療が可能になり、トラブルが起きてから歯科医院にかかるよりも結果的に患者さんの負担が少なくて済みます。

当院の定期検診の内容はこちら>>

定期検診のメリット

メリット1総治療費を抑えられる

定期検診を受けている方は、65歳までの総治療費が受けてない方の6割程度の負担で済むというデータがあります。「痛くもないのにお金をかけて歯医者に行くなんて……」と思われるかもしれませんが、検診によって初期段階でトラブルを発見できれば短期間の治療で済み、トータルの医療費を抑えられるのです。

メリット2歯の寿命を延ばせる

定期検診を受けている方はそうでない方に比べて平均残存歯数が多く、70代では10本近い差があるという報告もあります。1本の歯を失うだけで、うまく咬めずに食べ物がおいしく感じられなくなったり、全身にさまざまな不調をきたしたりすることは珍しくありません。歯の健康を保つということは、お口のなかだけでなく全身にも影響を及ぼします。

メリット3意識が改善される

定期検診を受けていると、歯の健康に対する意識が自然と向上します。正しいブラッシングの指導を受けたり、歯のクリーニングでお口がスッキリする感覚を味わったりすることで、毎日のブラッシングがより丁寧になることでしょう。きれいな状態を維持しようとして、食生活にも気を遣うようになるかもしれません。そうした意識改善こそが、歯の健康を保つ秘訣です。

メリット4予防処置を受けられる

定期検診では、歯のトラブルを回避するための予防処置を受けることができます。みがき残しを防ぐための正しいブラッシングの指導、歯質を強くするためのフッ素塗布、セルフケアでは落とし切れなかった汚れや着色をきれいにするPMTCなどを定期的に受けることで、虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

PICK UP! 初診時から歯科衛生士が担当して予防に努めます

PICK UP! 初診時から歯科衛生士が担当して予防に努めます

当院では「患者さんに痛い思いをしてほしくない」「なるべく抜かず、削らず、自分の歯を長く保ってほしい」といった想いから、予防歯科に力を入れています。初診のときから歯科衛生士が担当し、歯や歯ぐきの健康を維持するための予防法を指導します。
治療がはじまるタイミングだからこそ、再発防止の習慣をつけるよい機会にしていただきたいのです。なるべく長く天然歯を残していただくことを目標に、スタッフ全員であなたの歯を守るお手伝いをいたします。