• TOP
  • 歯ぐきから血が出る(歯周病)

日本人の成人の5人に4人が歯周病を抱えています

日本人の成人の5人に4人が歯周病を抱えています

現在の日本で歯を失って入れ歯になってしまう原因でもっとも多いのは、虫歯ではなく歯周病です。「ブラッシング中に血が出る」「歯ぐきが腫れている」「歯のすきまが広がってきた」といった症状がある方は、すでに歯周病が進行している可能性が高いといえるでしょう。あなたの大切な歯を失ってしまう前に、名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」にご相談ください。

歯周病とは?

歯周病は、「歯周病菌」によって引き起こされるお口の感染症です。痛みなどの自覚症状がほとんどないため、知らないうちにどんどん症状が進行していきます。炎症が強くなると歯ぐきの出血や腫れといった症状が出はじめ、次第に歯ぐきが変色したり、口臭が気になったりするようになります。重症化すると歯を支える顎の骨が溶かされ、健康な歯を失ってしまうこともある、こわい病気なのです。日本では、成人の5人に4人が歯周病に苦しんでいる、もしくはその予備軍であるとされています。

歯周病の原因は?

食生活の乱れや喫煙習慣、ストレスの蓄積による免疫力の低下、歯ぎしりや食いしばりなどのクセ、糖尿病などの全身疾患と深い関連性が認められることから、歯周病は「生活習慣病」といわれることもあります。以下をご覧いただき、ご自身に当てはまる項目があれば、改善していく努力が必要です。

その症状、歯周病のサインかも……

歯周病は早期発見・早期治療が鉄則です。次の症状がある方は、かなり歯周病が進行しているかもしれません。早めに歯科医院を受診しましょう。

  • 歯ぐきが下がって歯が伸びたように感じる
  • 歯ぐきがはれて赤黒くなっている
  • 冷たい物が歯にしみる
  • ブラッシング時の出血が多くなった
  • 朝起きたときに口の中がネバネバする気がする
  • 歯と歯のあいだが広くなった気がする

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階
  • 進行度合

健康
歯周ポケット0.5mm~2mm

  • 状態

歯ぐきは薄いピンク色で、ひきしまっています。

  • 治療法

治療の必要はありません。

歯周病の進行段階
  • 進行度合

歯肉炎
歯周ポケット3mm~5mm

  • 症状

歯肉に軽い炎症が見られ、歯みがきの際に出血することがあります。

  • 治療法

正しいブラッシングの指導と歯石除去を行います。

歯周病の進行段階
  • 進行度合

軽度歯周炎
歯周ポケット3mm~5mm

  • 症状

歯肉の炎症が進み、歯ぐきからの出血が増えたり飲み物がしみたりしはじめます。

  • 治療法

歯肉の下の歯石を専用の器具で除去します。補綴をやり替えたり歯周外科治療を行うこともあります。

歯周病の進行段階
  • 進行度合

中等度歯周炎
歯周ポケット5mm~7mm

  • 症状

歯ぐきが下がり、長くなったように見えます。歯を支えている骨の部分が歯周病菌によって少しずつ溶かされ、指で押すと歯がぐらつくこともあります。

  • 治療法

歯周病の専門的な治療を行います。歯ぐきの切開など、外科処置が必要になる場合もあります。

歯周病の進行段階
  • 進行度合

重度歯周炎
歯周ポケット7mm以上

  • 症状

歯ぐきから膿が出て真っ赤になります。顎の骨が歯を支えられなくなり、歯がぐらぐらして食事の際にもきちんと咬めなくなります。

  • 治療法

残っている健康な歯への影響を考慮して抜歯する場合もあります。

オリーブ歯科クリニック の歯周病検査と治療

歯周病検査

初期段階では自覚症状がほとんどないため、気づきにくい歯周病。大切な歯を守るためには、早めの検査が大切です。当院では4つの歯周病検査を行っております。

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

プローブという針のような器具で、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)を測り、歯周病の進行を確認します。一般的に深いほど重症と診断されます。

歯ぐきの出血検査

歯ぐきの出血検査

歯周ポケット検査の際に歯ぐきが炎症して出血している部分がないかを検査します。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯を支えている骨の状態を、レントゲン撮影によって調べます。歯周病が進行するほど、骨が溶けていきます。レントゲン画像を見れば一目瞭然です。

歯の揺れの検査

歯の揺れの検査

揺れの度合を調べます。歯周病が悪化すると、グラつきも大きくなってきます。

歯周病の治療

歯周病治療で大切なのは、「プラークコントロール(歯垢を落として原因菌を減らすこと)」、「ホームケア」、「ホームケアできるお口の環境づくり」です。当院では患者さんがふだんどのようなブラッシングをしているかをチェックさせていただき、それをふまえて正しい方法の指導を行っています。ブラッシングによって歯ぐきの腫れがひいてきたら、歯石の除去へと進みます。患者さんのお口の状態を見せていただきながら定期的な通院治療で、歯と歯ぐきを健康な状態にしていきます。

大切な歯を失う前に私たちにできること、予防の大切さ