大切なお子さんの歯、
私たちと一緒に守りましょう

子どもの歯は大人の歯に比べて表面のエナメル質が薄くてやわらかいため、虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。また、乳歯の虫歯を放置すると永久歯への生え変わりがうまくいかなくなったり、歯並びが乱れたりすることもあります。お子さんに乳歯が生えてきたら、名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」の小児歯科へお越しください。虫歯予防や口腔内環境の整え方、小児矯正などについて一緒に学び、お子さんの大切な歯を私たちとともに守っていきましょう

お母さんの管理が大切と思い指導します。
お子さんが初めて歯科医院にこられる時は、ワクワク感を感じていたり、不安を感じていたりする子がいたりと様々です。そして、それはお母さんも同じで子どもに「どんな治療をするのか」、「治療に耐えられるのか」、「どう歯を守っていけばいいのか」など思われています。
オリーブ歯科クリニック では、お子さんだけでなくお母さんの思いも大切にしながら指導しています。

お子さんの歯を守るためにできる5つのこと

1.まずお口の様子を診てもらう

一般的に、生後6ヶ月ごろから乳歯が生えてきます。生えはじめの歯を守るためにも、このタイミングで一度お口の様子を診てもらいましょう。はじめはこわがって歯医者に行くことが苦手なお子さんも早いうちから歯医者に慣れておくと、治療や検診の際の抵抗感がなくなります。 そして、ちゃんと診療を受けた時にはたくさん褒めてあげてください。子どもは少しでもほめてもらえば「また次も頑張ろう」という励みになります。

2.ダラダラ食べさせない

おやつは時間を決めて与えるようにしましょう。常にお口の中に食べ物が入っている状態だと、虫歯菌の動きが活発になって虫歯ができやすくなります。

3.糖分の多いおやつは避ける

虫歯菌は糖分を栄養にして「酸」をつくり出します。この酸によって歯が溶かされてしまうのが虫歯です。キャンディーやチョコレートなど、糖分の多いおやつは控えめにしましょう。

4.お口をきれいにする習慣をつける

食事やおやつの後は、ブラッシングとフロッシングをする習慣をつけましょう。外出先でブラッシングができない場合は、うがいだけでも虫歯予防になります。

5.感染のリスクをゼロに近づける

周囲の大人とコップやお箸、食器などを共有すると、子どもに虫歯菌を移してしまうことになるので絶対にやめましょう。そうしたリスクをゼロに近づけるために、親御さんをはじめとする周囲の大人が虫歯をきちんと治療しておくことも大切です。

オリーブ歯科クリニック での小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんの成長に合った正しい歯のブラッシングがあります。お子さんには楽しく、正しいみがき方を。親御さんには歯ブラシだけでなくデンタルフロス、糸ようじを使用しての上手な仕上げみがきの方法をお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯を強くし、虫歯菌の働きを抑えるフッ素を塗布します。またフッ素とあわせて予防サホライドを定期的に塗布することで、虫歯予防の効果が高まります。

シーラント

シーラント

汚れが詰まりやすく、みがきにくい奥歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック樹脂)で埋めることによって虫歯を予防します。

生活習慣アドバイス

生活習慣アドバイス

お子さんの歯を守るには食習慣がとても大切です。虫歯になりやすい飲み物や食べ物、おやつの与え方など、食生活全般についてアドバイスをいたします。

PICK UP! 子どもが歯医者にかかる時のアドバイス
予約の取り方

「年齢」と「してほしい事・症状」をハッキリと伝えてください。適切な治療が行えます。

歯医者に行く前には・・・

口を「あーん」と空ける練習や歯医者さんが何をするところか伝えてお子さんの不安にならないようにしてください。注意点としては、不用意に「痛くないから。」などは伝えないようにしてください。もし、少しでも痛みを感じた時にはお子さんが歯医者に対して不安感が大きくなってしまいます。

診療室に入る前には・・・

「虫歯菌をやっつけてもらおう!」などお子さんの年齢によって理解できる言葉で言い聞かせて入室させてください。

治療について

基本的には歯医者さんにお任せください。ただ、要望などがある場合は治療を始める前にお伝えください。

治療が完了までは通院を

大人の方でも多いのが痛みがなくなったから終りと思われて来院されなくなる方がみえます。痛みはおさまっても治療は終わっておりませんので、「今日で治療は終りです。」と言われるまでは通ってお子さんの歯を守ってください。

治療後には定期検診を

子どもは自分で虫歯を見つけたり気付いたりすることができません。また、一度治療した歯は詰め物が欠けてしまい虫歯が再発しやすいです。3ヶ月に1度診てもらうことでお子さんの歯を虫歯から守るようにしましょう。

歯並びが気になったら小児矯正を

歯並びが気になったら小児矯正を

食生活の変化が原因か、近年では顎の発達が不十分で歯並びの悪いお子さんが増えているようです。歯並びが悪いと見た目の印象が悪くなることはもちろん、滑舌が悪くなったり、咬み合わせの問題から胃腸が弱くなったり、瞬発力を発揮できなくなったりすることがあります。また、歯並びが乱れるとブラッシングがしづらくなるため、虫歯にもなりやすくなります。

成長期で歯列を矯正する場合、顎の成長や永久歯への生え変わりを利用できるので抜歯をせずに歯並びを整えることも可能です。当院では生え変わり前、4~5歳の時期にご来院いただくことをおすすめしております。

オリーブ歯科クリニック の歯並びについての治療

名古屋市港区の「オリーブ歯科クリニック」では、お子さんの成長に合わせた適切なタイミングでの矯正を行っております。なるべく負担の少ない矯正器具を使い、できるかぎり抜歯をしないですむよう、お子さんの顎の成長や生え変わりを利用した矯正治療を行っています。

また定期検診などの際には、指しゃぶりなどの悪い癖によって歯並びが悪くなるのを未然に防ぐための指導も行っております。歯並びにとって重要な「顎の十分な発達」を実現するためには好き嫌いなくしっかり咬んで食べることが大切であるという考えから、随時食育アドバイスも行っています。なお、どうしても治療が難しいケースにおいては、信頼できる矯正専門医を紹介させていただきますので、まずはご相談ください。

オリーブ歯科クリニックでの小児矯正メニュー

床矯正

床矯正

歯がきれいに並ぶスペースがない場合には、顎を広げてスペースを作る必要があります。床矯正は、顎を広げるために使用する装置です。多くの場合、床矯正で顎を広げる治療をおこなった後に一般的なブラケットとワイヤーを用いて矯正治療を行い、正しい歯並びにしていきます。