虫歯は早期治療が大切です

「歯が痛い」「飲み物がしみる」といった症状があるなら、虫歯が進行しているサインかもしれません。虫歯の進行度合は「C0」から「C4」までの5段階。歯の表面にあるエナメル質から、進行するにつれて内側の象牙質、神経へと進みます。虫歯かな? と思ったら、名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」へお越しください。虫歯は早期治療が大切です。

虫歯は放置するとどんどん悪くなってしまいます

一度進行してしまった虫歯は、ほうっておいても自然に治ることはありません。以下では、「C0」から「C4」まで、虫歯がどのように進行していくのかをご紹介します。

C0
  • 症状

虫歯になりはじめたごく初期の虫歯です。歯の表面が白く濁ったり、少し進行すると溝が茶色くなったりします。

  • 進行度合

C0

  • 治療法

ブラッシングやフッ素塗布で、歯を削ることなく自然治癒することもあります。

C1
  • 症状

歯の表面のエナメル質に小さな穴が開いた状態です。黒ずんで見えるようになりますが、痛みはあまりありません。

  • 進行度合

C1

  • 治療法

削る処置が必要になりますが、この段階なら少ない回数の治療で終えることができます。

C2
  • 症状

虫歯が象牙質まで進んだ状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、虫歯に気がつきます。

  • 進行度合

C2

  • 治療法

麻酔を使う必要が出てきます。虫歯の部分を削ったら、詰め物をして患部を補います。
型をとり金属やセラミックの詰め物や被せ物で治療します。

C3
  • 症状

神経まで進んだ重度の虫歯です。ズキズキと痛みを感じるようになります。歯に大きな穴が開き、食べ物が詰まると激痛を感じることがあります。

  • 進行度合

C3

  • 治療法

神経を抜いて歯根を残す根管治療が必要になります。最後に被せ物を入れて患部を補います。

C4
  • 症状

末期の虫歯で、歯根だけが残っている状態です。歯根まで虫歯が進行すると、膿が出て強い悪臭を放つこともあります。

  • 進行度合

C4

  • 治療法

治療をしても歯根を残せない場合は、抜歯になります。

インフォームド・コンセントを大切にしています

患者さんが虫歯治療に「こわさ」や「不安」を感じていると、それが痛みを増強させる原因になることがあります。名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」ではそのような患者さんの恐怖や不安を取り除くため、丁寧なコミュニケーションを第一に考えています。

インフォームド・コンセントを大切にしています

治療前にレントゲン画像などを使いながら、患者さんに治療箇所とその日に行う処置の内容、費用、治療期間などについてわかりやすくご説明します。それは患者さんに受け身ではなく、歯科医師とともに積極的に治療に臨んでいただくことが、最善の治療結果につながると考えているからです。治療に関する疑問などがございましたら、遠慮なく医師やスタッフにお尋ねください。

治療を決めるのは歯科医師ではなく患者さんです
インフォームド・コンセントとは、歯科医師が患者さんに治療について十分に説明し、患者さんがその治療方針をきちんと理解・納得したうえで治療に臨むことです。患者さんが自ら最善だと思う治療法を選択すること、積極的に治療に参加していただくことを重視した考え方なので、患者さんが治療方針に納得できない場合はそれを拒否することもできます。
できるだけ「痛くない」治療を

当院では、可能なかぎり「痛くない」治療を行っています。虫歯を早期発見すれば、歯を削るリスクを減らせます。虫歯が進行してしまうと削る量が多くなったりと痛みが強くなってしまう事もありますので虫歯を軽度な状態で発見し早期治療に努めます。また、お口の中が健康な状態であれば健康な歯を守るため、当院では3ヶ月に1度の定期検診・メンテナンスの受診をおすすめしています。

それでも「削る」「抜く」必要があるときは

それでも「削る」「抜く」必要があるときは

口腔内環境の悪化を防ぐためにどうしても削ったり抜いたりする処置が必要な場合は、最小限の切削にとどめること、抜歯が必要な場合は残したときと抜歯したときのメリット・デメリットについて丁寧にご説明することを徹底しています。患者さんの大切な歯を1本でも多く残すためには、状況に合わせた「最善の処置」が必要です。治療についてご要望がございましたら、遠慮なくご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずの生え方によってはしっかりと歯みがきすることが難しい場合があります。
そのような場合には、将来的に虫歯や歯周病などになってしまう可能性が高いので早めに抜歯することを推奨しております。

もし、親知らずが虫歯になってしまうと一番奥の歯なので治療器具が届きにくく治療が困難かつメンテナンスも難しいので、虫歯などが再発してしまうことも考えられます。

そのため、当院では親知らずは多くの場合抜歯しております。
医院で抜歯が難しい症例の場合には、連携している病院を紹介しますのでまずはご相談ください。

自分にあった噛み合わせのよい入れ歯をご提案

自分にあった噛み合わせのよい入れ歯をご提案

名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」では、患者さんが噛みやすく、はずれにくい入れ歯を製作しております。入れ歯は健康保険証を提示することで保険適用できるため安く制作することも可能です。以下では、保険適用以外での自費診療での入れ歯をいくつか紹介します。

自費診療の入れ歯

金属床義歯
特徴
床部分を金属でつくった入れ歯です。床部分が薄く軽いため口の中での違和感が軽減されます。また、熱伝導率が高いので食べ物の温度を感じやすいです。
ノンクラスプデンチャー
特徴
金属のバネがなくフィット感が良いです。また見た目が自然なので口を開けても目立つことがありません。重さは保険適用の入れ歯にくらべ約半分と軽いのも特徴です。