外傷からお口を守ります

ラグビーなど激しい接触のあるスポーツで「歯が折れてしまった」とご来院される方がみえます。擦り傷や切り傷は自然に治りますが、折れてしまった歯はもとに戻すことは出来ません。
名古屋市港区の「オリーブ歯科クリニック」では、患者さん自身に合ったマウスガードをオーダーメイド対応しております。

高校ラグビーではマウスガードが
義務付けられております。

高校ラグビーではマウスガードが義務付けられております。

高校ラグビーの試合では、平成18年4月からマウスガードの着用が義務付けられました。接触の多いスポーツでは、顔面や頭部にけがをする危険がつきまとうため、衝撃を緩和するマウスガードが注目されています。日本歯科医師会や日本学校歯科医会では 「市販のものではなく、自分の歯に合ったカスタムメードを」 と呼び掛けています。

マウスガードの役割

マウスガードの役割

マウスガードは、ラグビーやサッカー、フットボールなど、激しくぶつかり合うスポーツや、空手・少林寺拳法、ボクシングなどの顔面への衝撃が予想される競技では必需品です。こちらではマウスガードの役割について紹介します。

  • 口腔内の外傷(歯牙の破折脱臼など)の防止
  • 顎関節の保護
  • 脳震盪の防止

だんだんとスポーツマウスガードが使用されるようになって、口腔内の外傷(歯牙の破折脱臼、顎骨や顎関節の骨折等)や脳震盪などの発生が著しく減少しています。

PICK UP! 身体を守ること以外にも効果があります。

患者さん自身のお口に合ったものだと適合が良いので競技中に不快感がありません。また、外れたり、ずれたりすることがなくなる事で競技に集中することができます。そして、その他の効果として、全米スポーツ歯学会や日本スポーツ歯学会では精神的に安定(リラックス)するとも言われております。実際に、多くのオリンピック選手達がマウスガードを使用することで、リラックスした気分で全力を出すことが出来たと証言されております。集中力を高めたりリラックス効果も見込まれるため激しいスポーツ以外にもゴルフ、テニス、フィットネスクラブ、野球、剣道、柔道などのスポーツ時にもメリットがあると思われます。

オリーブ歯科クリニック のマウスガード

当院のマウスガードは、患者さんのお口に合ったものをやわらかい樹脂で作ります。医院内にて歯型をとり設計、製作します。既製品とは違って、「しゃべり易い」、「砂が入らない」、「つばが吐き易い」、「歯牙を外傷からガードする」、「歯の摩耗防止」などの条件を満たしています。比較的安価な「モノレイヤータイプ」と、より装着感が良く安全性の高い「ラミネートタイプ」の2種類あります。

モノレイヤータイプ

低年齢用または普及タイプとしては便利なマウスガードです。比較的安価であることが利点です。
ただし、奥歯部分に十分な厚みを確保できないため予防効果が不果実な場合も少なくありません。
マウスガードの製作過程で患者さんに合うように噛み合わせの調整を行いますので市販されているものよりは多少良いかと考えます。

ラミネートタイプ

ラミネートタイプの利点には下記があげられます。

  • 設計、製作時の自由度が高い。
  • 競技の種類に合わせて広く対応できる。
  • 衝撃吸収能力が良好。
  • 適合性が良い。
  • 装着感が良くフィットして外れない。
  • 噛み合わせを適切な状態に作ることが出来る。
  • 外傷からの予防効果が高く見込める。
ラミネートタイプをおすすめしております。

「ラミネートタイプ」は、外傷からお口を守る効果が「モノレイヤータイプ」に比べてはるかに高いです。ですので、競技時間が最も長い毎日の部活などの練習の際にも適しています。もちろん、試合時の使用にもおすすめです。ただし、 製作過程が「モノレイヤータイプ」に比べてはるかに複雑なので治療回数は2回ですが、出来上がりまで約1週間程かかります。初診時に歯型と噛み合わせを採り、2回目の来院で装着して適合確認・調整します。

マウスガードが完成するまで

1日目 まずは、虫歯などお口の中に問題がないかを診査します。
問題がなければ、確認後にマウスガード用の歯型をとります。
2日目 製作したマウスガードを口腔内に装着します。お口にあっているかの適合状態を確認します。
3日目 もし、適合状態が悪かったときは確認・調整します。そして、患者さんのお口にあわせた後、製作したマウスガード1個とケース1個をお渡しします。
マウスガードの費用目安
タイプ名
モノレイヤータイプ
ラミネートタイプ
マウスガードに関する注意点
小学生~中学生前半にマウスガードを装着する場合は、永久歯への歯のはえ変わりの時期と重なりますので、違和感を感じたらすぐに歯科医院で調整してもらうようにしてください。調整を怠ってしまうと歯並びが悪くなる可能性がありますので要注意です。定期検診と同様に3~4ヶ月に一度はマウスガードのチェックを受けて歯並びが悪くなってしまうことがないようにすることが大切です。