• TOP
  • 治療中断のデメリット

治療を途中でやめると、どんなトラブルが起こるのでしょうか?

治療を途中でやめると、どんなトラブルが起こるのでしょうか?

虫歯や歯周病で歯医者に通いはじめたものの、完治しないまま通院をやめてしまう方がいらっしゃいます。その数なんと、4人に1人。これほど多くの方が、治療を中断してしまっているのが現状です。こちらのページでは、治療を中断することで起こるさまざまなトラブルについてご紹介します。名古屋市港区の歯医者「オリーブ歯科クリニック」では、できるだけ「抜かない」「削らない」「痛くない」治療を心がけております。お口のトラブルなら、どんなことでも相談ください。

歯科治療を中断した場合のトラブル

神経を抜いた歯を放置すると……
歯の内側は外側のエナメル質よりもやわらかく弱いので、神経を抜いた歯を放置しておくと虫歯リスクが高まります。神経を抜いた歯は痛みを感じにくくなるため、虫歯が進行しても気づけずに抜歯が避けられない状態になることもあります。
被せ物の型を取ったあとで放置すると……
時間の経過とともに咬み合わせは少しずつ変化してしまうので、被せ物の型を取ってから装着するまでに時間がかかると、被せ物が合わなくなることがあります。合わない被せ物は虫歯を招く原因になりますし、つくり直すとなるとさらに費用がかかります。
仮歯のままにしておくと……
仮歯は文字通り「仮の歯」ですので、そもそも長く持つようにはできていません。次第にすり減ってしまい、すきまができたところから虫歯になったり歯並びが悪くなったりすることがあります。仮歯は壊れてしまうとすぐに作ることが出来ませんので、歯がないままになってしまう場合もあります。
虫歯に薬を詰めた状態で放置すると……
一時的に虫歯の痛みが弱まることがありますが、これは薬が効いているだけで虫歯が治ったわけではありません。この状態を放置すると、詰め物が取れてますます虫歯が進行してしまいます。
応急処置のあとで放置すると……
応急処置で痛みや腫れが治まったとしても、根本的な原因は取り除かれていません。「痛くなくなったから」と自分の判断で放置してしまうと、のちのち症状が悪化し、歯を失うことにもなりかねません。
抜歯が必要な歯を放置すると……
重度の虫歯やトラブルを招くおそれのある親知らずを抜かずにそのままにしておくと、周りの歯や口腔内環境にまで影響を及ぼし、口腔内環境を悪化させてしまう可能性があります。
症状がひどくなると……
「まだ大丈夫。」と思って歯医者に行かないと症状はどんどんひどくなってしまいます。症状がひどくなると痛みををともなう処置が増えてしまい、歯科医としても心苦しいです。ちょっとでも痛みや違和感を感じたら歯医者へご相談ください。

治療中断のリスク

せっかくの治療がやり直しになる

治療を途中で中断すると、お口のなかの状態が変わってしまいます。そのため、最初から治療のやり直しになることがあります。これによってさらに費用や時間がかかります。

結果的に歯を失うこともある

虫歯や歯周病などの症状が悪化し、結果的に大切な歯を失うことがあります。

歯医者に行きづらくなることもある

途中で治療をやめると何となく気まずくなり、同じ歯医者にかかりにくくなりますが、他院にいくとなるとまたゼロからのスタートです。治療を放置する時間が長くなるほど、歯へのダメージも大きくなります。

通院しづらくなってしまった方へ

仕事や用事などさまざまな理由で治療を中断せざるを得なくなり、次の予約を先延ばしにするうちに歯医者に行きづらくなってしまった――という患者さんは少なくありません。別の病院にかかり直せば時間や費用もかかるだけでなく、あなたのお口のことを何も知らない歯科医師・歯科衛生士とのコミュニケーションからはじめなければなりません。

もちろん「気まずさ」はあると思いますが、それよりも配すべきは歯と口腔内環境の悪化です。あなたのお口のことを把握している歯科医師・歯科衛生士に再び相談するほうがよいでしょう。名古屋市港区の「オリーブ歯科クリニック」では、治療を中断された患者さんにも再予約をしていただきたいと考えております。治療の間隔が空いてしまった場合でも気兼ねなくお越しください。